■自己注で生かされている

1月30・31日の2日間にわたってIDDMのシンポジウムが行われたばかりの京都ですが(僕は参加してませんけどね)、

2月1日のニュースで

「京都大学医学部付属病院で昨年11月、容体急変の入院患者の血液から高濃度のインスリンが…」

「京都府警は、インスリンが故意に投与された可能性もあり、殺人未遂容疑を視野に捜査を開始」



以前にも似たような事件があったと思うのですが、

自己注で生かされている自分としては、哀しい事件です。



■コメント

■昨日 [カッパ]

ラジオで聴きました!
入院患者の人だったんですね~。
インスリン打ってる人がいる家での事故か殺人未遂?と思ってました。
病院でってこと?
高濃度ってどのくらいなんでしょー?
医療ミス?故意?ナゾですねー。
あの水みたいなのがそんな危険物ってことを、毎日使ってると忘れてしまいますねー。
そういう意味ではあんまり人前で見せるようなことってしないほうがいいのかなぁ??

■カッパさんへ [独り遊び]

僕も詳しくは知らないのですが、
インスリン投与の必要無い入院中の患者さんだったそうで、医師も看護師も投与してなかったそうですよ。

>あんまり人前で見せるようなことってしないほうがいいのかなぁ??
そうですね。
盗まれて悪用されたら…恐ろしい~(焦)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

TOPICS

独り遊び(改名思案中)

Author:独り遊び(改名思案中)
  
運動不足の解消にDrumを叩いてます。

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

Moblog QRコード

QRコード